Staff スタッフ

Staff スタッフ

コンテンツ

若手映像クリエイター支援プログラム「GO-all(ゴーオール)プロジェクト」とは?

埼玉県の映像産業拠点施設・SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザを拠点に活動する映像クリエイターをプロデュースする目的で、2011年にスタートした支援プログラムです。映画「埼玉家族」はこのGO-allプロジェクトと松竹株式会社の共同製作で誕生しました。

ハカバノート

【監督】福山功起

1969年、東京都出身。2008年「アタシヲ産んだアイツ」がSKIP国際Dシネマ映画祭短編部門ノミネート。以降、監督作品が全国の映画祭で高い評価を得る。2010年映像制作JillMotionを創業。TV-CM・企業プロモーションなど様々な映像を手がける。2014年長編初監督作品「夜だから」(出演/波岡一喜・千葉美裸 ほか)が劇場公開を控えている。

【脚本】福山功起・守山カオリ

キャンディ

【監督・脚本】加瀬 聡

1975年千葉県館山市生まれ。多岐の職業・活動の後、日本映画学校へ入学。卒業後、フリーランスの映画助監督として数々の作品へ参加。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2011のノミネート作品「SPINNING KITE」が、世界13の映画祭で受賞、ノミネートをされ、テアトル新宿を皮切りに全国7館で公開されている。

父親輪舞曲

【監督・原案・音楽】角川 裕明

1974年、埼玉県さいたま市出身。早稲田大学法学部卒業。広告代理店勤務を経て、歌手・俳優に転身。「レ・ミゼラブル」等のミュージカルやストレート芝居に数多く出演。初監督作品のミュージカル映画「ユメのおと」でSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012 短編部門の最優秀作品賞を受賞。「日本におけるミュージカル映画のスタンダードを創る」を目的に「Japanese Musical Cinema」を立ち上げる。

【脚本】中井 ゆりこ 【音楽】北森 正樹

ライフワーク

【監督・脚本】完山 京洪

1978年生まれ。長編初監督作品「シーソーseesaw」(10)がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭でSKIPシティアワードを受賞。10以上の国際映画祭に招待され、2012年劇場公開、2013年8月30日よりDVD発売。2011年に短編「救命士」を監督、札幌国際短編映画祭コンペ部門ノミネート。2013年、渋谷ヒカリエ一周年記念オムニバス映画「ヒカリエイガ」に参加、「MakeMy Day」を制作。

コンテンツ

コンテンツ